消費税法

【令和3年度:第71回】税理士試験の感想(消費税法)

こんにちは
はんベぇ(@hanbe_fukui)です

新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました

今回の内容は、

税理士試験(消費税法)の感想」についてです!

2021年8月17日、第71回の税理士試験を受験してきました

今回はその感想を記載したいと思います

(こちらの記事の続きです)

【令和3年度:第71回】税理士試験を受験してきました!(消費税法) こんにちは!はんベぇ(@hanbe_fukui)です 新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住...

私にとっては初めての税理士試験

少し不満のような記述が多いのですが、思ったことを素直に書きたいと思います

「これが税理士試験」。。。

↓消費税法の学習を始めたきっかけなど

【きっかけ】税理士試験の科目合格を目指し「消費税法」の学習に取組む日々 こんにちは、はんベぇ(@hanbe_fukui)です!新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました ...

受験にあたって

受験の感想の前に、簡単に自己紹介?をしておきます

  • 30代前半・男
  • 税理士試験の経験→今回が初めて
  • これまでの合格科目→なし
  • 学習方法→大原の講座(通学、3月から映像)
  • 学習期間→約1年(昨年の9月から)
  • 職歴・資格→元国税専門官で5年ほど勤務
  • 模試の成績など→答練では基本上位20〜30%くらい(全統を除く。。。)

といった感じです

成績は全統の模試以外は、そこそこ安定していたと思います

(「途中からあまり伸びなかった」とも言えます笑)

自分の解答内容

一応私の解答内容を記載したいと思います

第一問問1(ベタ書き)

  • (1)「課税売上が著しく変動した場合」
    →[1]変動した場合の内容[2]調整の要否の判定
  • (2)「消法45条の2第1項に規定する法人の確定申告書の提出期限の特例」
    →[1]特例の内容のみ(「条文の指定」と「簡潔に」という指示があり、解答用紙も1枚だけだったのでこれだけ記載)
  • (3)「電子情報処理組織による申告の特例(対象となる事業者にも触れる)」
    →[1]特例の内容[2]対象となる事業者(「条文の指定」と「簡潔に」という指示があり、解答用紙も1枚だけだったのでこれだけ記載)

第一問問2(正誤問題:判定と理由)

  • (1)特定役務の提供の対象
    →判定:ミス 理由:特定役務の提供の定義は記載。。。
  • (2)社会福祉法人の生産活動の課非判定
    →判定:正解 理由:正解
  • (3)個別対応方式の課税仕入れについて、課のみ・非のみ・共通の判定
    →判定:正解 理由:正解
  • (4)デパートへテナントを出店している場合の簡易区分
    →判定:ミス 理由:判定ミスってるし、多分0点です

第二問問1(原則計算)

  • 計算問題の原則計算
    →準ずる割合はほぼできていない、納税義務の判定あやしい、区分はミスもちらほらあり、売返・仕返・貸倒・中間正解

第二問問2(居住用賃貸建物・調整対象固定資産の調整)

  • 調整対象期の解答、調整税額の計算(合計3題)
    →調整対象期間:3題ともあってるはず、資産の判定:3題正解、調整税額:多分3題とも0点

それでは感想を記載します!

試験の感想

それでは、試験の感想を記載したいと思います

まずは全体的に、

  1. 時間が足りない
  2. 1つ1つの問題の読み取りに時間がかかった
  3. 計算問題は試験本番で出題されると厳しい問題だった(2題とも)
  4. どこかの解答を(上手く)捨てる判断力が必要
  5. 予備校で学習・対策している受験生を絞りたいような問題
  6. 何の能力を測りたいのかわからない

こんな感想を持ちました

まあ一言で言うと「厳しい問題だった」ということになります。。。

これまで私が解いた過去問や模試を含め、計算は一番難しかった(厄介だった)と思います

それぞれ簡単に記載したいと思います

①時間が足りない

これはもう今更?という感じですね

絶対的に時間が足りません

(全て完答できた受験生はいるのでしょうか。。。)

過去問・模試を解いても時間に余裕があることは滅多にないのですが、それでも今回は特に時間に厳しい試験だったと思います

私は計算からやるタイプなので、本番も計算からやったのですが、これが裏目に出ました。。。

初めの「納税義務の判定」から少し捻った問題で、そこから軽減税率の判定、仕入れの課非・区分判定とやっていったのですが、個別の計算をしているときに1時間近くが経過してしまったため、急遽そこで打ち切りました

そしてすぐに理論に取り掛かったのですが、ベタ書きが3問。。。

しかも(1)「課税売上が著しく変動した場合」については解答用紙が多い。。。

(確か4枚?くらいありました。。。)

これは「普通に全部書いていたら間に合わない!」と確信しました笑

この時点で「正誤問題」「計算の問2」が残っていましたし、計算の問2はこれまで見た事がないような形式。。。

残り1時間でベタ書きを3問解答して、正誤問題と計算の問2。。。

正直、このまま諦めてしまった方が楽になったと思います笑

というか諦めたくなるような問題でした。。。

他にも、試験を開始してからしばらくしても、周りの受験生の「電卓を叩く音が聞こえてこない」という現象がありました

理論から解答する人も勿論いるとは思うのですが、咄嗟の判断で本番だけ理論から解答したという人は多くはないと思うので、他の受験生の方も苦戦していたと勝手に判断しました

→そのため、計算問題を途中で打ち切る決心ができて理論問題に切り替える事ができました

これが吉とでるか凶とでるかわかりませんが。。。

②1つ1つの問題の読み取りに時間がかかった

こちらもかなり苦戦させられました

問題文をよく読めば解答にたどり着くことは可能でしたが、記載や指示の仕方が非常にわかりにくい。。。

というかまどろっこしい。。。

正直、わざとわかりにくくしていると思います

「上記(イ)A」のような記述も複数あって、かなり面倒でした。。。

確かによく読めば解答はできるのですが、そこで誤答を誘っている(狙っている)感じがして、気分はよくありませんでした

③計算問題は試験本番で出題されると厳しい問題だった

計算問題は大きく2題出題されました

いわゆる「総合問題」と「個別問題」でした

個人的に、どちらも初見では厳しい問題だったかなと思います

(他の受験生の方も、時間があれば解答できるような内容ではあったと思いますが。。。)

総合問題」については、納税義務の判定・軽減税率を絡めた判定・取引区分の判定も難しかったと思うのですが「課税売上割合に準ずる割合」を用いるパターンが出題されました

予備校のテキストには準ずる割合の解き方が少しだけ載ってはいたのですが、そのレベルでは太刀打ちできないレベルでの出題だったと思います。。。

ここで心が折れた受験生も多いはず。。。

個別問題」についても、(初見では)厳しい問題だったと思います

予備校では、出ないだろうと言われていた内容が思いっきり出題されて、笑うしかありませんでした

④どこかの問題を(上手く)捨てる判断力が必要

これは記載しているとおりなのですが、最早何の試験なのでしょうか。。。笑

圧倒的に時間が足りない中で、

  • どの問題もバランスよく解答する
  • 解けそうな問題を判断して解答していく

こういった作業をする必要があります

(しかも配点はわからない状況です)

本番の限られた時間の中で。。。

「税法」の試験なのに、なぜこのような作業をしなければならないのかなーと単純に疑問です

⑤予備校で学習・対策している受験生を絞りたいような問題

これは、たまたま今回の試験がそうだったのかなーと思いました

受験生というよりは「予備校」に対する当てつけ?のようにも思えました笑

予備校で答練なり練習問題をやって対策してきた人よりも、

  • 本番でのひらめきや感覚
  • 国税庁HPなどをしっかり見ているか
  • 本番で効率よく得点できるように解答できる

そういった対策(学習)をできている受験生が有利というか合格するのかなーと思いました

※私は今回が初めての税理士試験ですし、消費税法の1科目だけしか受験していませんので、あくまで個人の感想です

⑥何の能力を測りたいかわからない

  • 計算が早く解ける
  • ベタ書きが早く書ける
  • ひっかけ・いやらしい表現を素早く判断する能力
  • 解答できる問題を判断して解答する
  • 重箱の隅を突くような問題
  • 膨大な法律を丸暗記する必要がある

果たして税理士試験の意義とは。。。

長くなりましたが、以上が税理士試験の感想です

たった1回しか受験していないので、たまたまこういう風に思うような問題だった可能性がありますが、正直に思ったことを記載しました

大手予備校の解答速報までもう少し

自己採点をして、今後の計画を考えたいと思います

ここまでお読み頂きありがとうございました

それでは!

ABOUT ME
はんべぇ
大阪から福井へ移住したアラサー。 国税職員→エンジニアを経て、農業経験0から新規就農を目指しています。 夢は「独立し法人を経営すること」 地方へ移住し、農業を始めて体験した事、学んだ事をメインに発信する雑記ブログを運営しています。 地方移住のリアル、非農家が農業を始めた結果などを書き留めていきます。