農業

【なぜ農業?】私が農業を始めようと思った理由【30代脱サラ】

こんにちは、はんベぇ(@hanbe_fukui)です
新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました

今回の内容は、私が「農業を始めた理由」についてです!

農業を始めたい人農業に興味を持つ人が多くなっている中、私ももれなく新規就農を目指す一人になっていました

今はまだ研修中の身ではありますが、

なぜ農業をやろうと思ったのか?

自分語りにはなりますが記載したいと思います

「こんな人もいるんやな」という温かい目で見ていただければ幸いです

いくつか理由があるのですが、順番に記載していきたいと思います

(その前に簡単に経歴などを記載しておきます)

簡単な自己紹介
  • 大阪生まれ大阪育ち
  • アラサーの独身
  • 元公務員
  • 元エンジニア

それでは内容に参ります!

自分のプロダクト(製品)が欲しかった

これが一番の理由です

自分のプロダクト。。。

要は、

自分がこれを作った!と言えるものが欲しかった

ということです

しかも「それを販売して売上に繋がるなんて。。。」

「自分が作ったものを販売したりして、収益を得る」

これって純粋にすごい事だと思いませんか?

あなたが作ったものに「価値」があるから売れる訳です

「そんなの当たり前だろ!」と言われるかも知れません

しかし、

それが当たり前だと思うような価値観が、私にはほとんどなかったのです

公務員時代

少し過去の話しになりますが、私は大学を卒業後、公務員になりました

(厳密に言うと国税専門官で国家公務員でした)

出向時代も含めると5年ほど勤務したのですが、その時の価値観が強かったのです

具体的には、

  • 仕事自体が「自分で何か作った!」というタイプの仕事ではない
  • 組織の言うことを聞いていればお金が貰える
  • 「価値を創造する」という感覚がほぼない

といった感じです

特に「価値を創造する(提供する)」という感覚は、全然なかったです

公務員なので国・国民のために働くのですが「役に立てている(価値を提供できている)」という感覚を感じることがほとんどありませんでした

そのため「価値を創造し収益を得る」というのは全く頭になかったのです

「仕事頑張れば、ボーナス増えるかなー」と思うくらいです

この事も関係しているのですが、結局公務員を辞めることになりました

(公務員として働くことに対して、全てネガティブに考えている訳ではありません!良い面ももちろんありましたよ!)

公務員を辞めた

自分の仕事が「価値を生み、それに応じて収益が発生する

このことを意識するようになったのは、公務員を辞めてからです

転職活動をしていく中で、

  • 自分には何ができるのだろう
  • どんな価値を提供できるのだろう

そう考えるようになりました

悲しいことに、自分には何もないことに気づいたのです。。。笑

自分で「価値を創造し、収益を得る」ことができるようになるために、

自分のプロダクト」が欲しいなと思うようになりました

かなり遠回しになりましたが、これが1つ目の理由です

(この考えがあって、公務員退職後は「エンジニア」になろうと思いました)

公務員を辞めた理由の詳細はこちらに記載しています!

【元国家公務員】アラサーの私が公務員を辞めた理由【辞める前に】 こんにちは、はんベぇです!新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました 今回の内容は、 「私...

人に喜んで貰える事がしたい

これはもはや、そのままです笑

そもそも公務員になりたかった時から「人に喜んでもらえる事がしたい」

このように思っていました

自分で野菜を作って、誰かに喜んで貰えたら、それだけで嬉しい

そう思いました

ビジョンとか年収とか、人によって大切にする価値観が違うと思いますが、私はこの価値観については昔からブレませんでした

公務員時代も、エンジニア時代も、無職の時代もずっとそう思ってやってきたので、次の仕事もこの価値観が実現しやすい仕事がいいなと思っていました

これが2つ目の理由です!

自営に近い

続いては「自営に近い」という理由です

というよりは、「会社に勤める事が嫌だった」と言ったほうがいいかも知れません

前述したように、公務員として働き、エンジニア(会社員)として働いたのですが、

組織に所属している以上は本当の意味で自由ではない

という私なりの結論に至りました

あくまで「私なり」の結論です

そのため自分で起業や、個人事業主となってやっていこうと思っていました

(人生で一度は起業や独立はしたいなと考えていました)

そのためにはまず第一に「売上」が大切です

これが1つ目の理由である「自分のプロダクトが欲しい」すなわち「売上の発生源が欲しい」という発想に繋がってきます

  1. 自分のプロダクトで価値を創造し売上を生む
  2. 自営という形態で働く事が一般的

これらの観点から「農業」を選ぶことになりました

「農業」と言っても、当然会社員として勤める形態もあります

他にもこの理由を満たす「仕事・働き方」もあると思いますが、私は地方移住も考えていたので、その理由とセットで「農業」をやろうと思うことになりました

ということで次は最後の4つ目の理由です

地方移住とセット

「地方移住し、スローライフ!」

「農業をやりながらまったり暮らす!」

こんなフレーズ、地方移住とか農業に興味がある人なら、どこかで聞いた事があるのではないのでしょうか?笑

決してこの意見に共感した訳ではないのですが、私も結局そうなりました笑

というのも「地方移住」の最初のハードルとして多いのが、

仕事を何にするか

という事です

移住先の経済規模や地域の特色によって、多少変わるかも知れませんが、

職を探すのが難しい」ことが結構あると思います

「仕事がない」という事はないと思います

かくいう私も仕事を悩んだ一人でした

  • 元国税専門官のくせに経理の実務経験なし
  • エンジニア経験は1年弱

どうしよう。。。

そこで各自治体がやっている「地方移住の説明会」みたいなものに参加し、

「農業」という仕事を知りました

まさか自分が農業をやるなんて、夢にも思いませんでしたが、

  1. 自分のプロダクトを持てる
  2. 人に喜んでもらえる
  3. いずれは自営としてやっていける

というこれまで挙げた理由を満たす事ができるのでは!?

と考え、

新規就農」と「地方移住」をセットでやろうと思いました

福井県の支援も手厚いことも決め手の1つでした

両親はもちろん、親戚も全員驚いていましたが、

結局「まずはやってみよう!」という信念の元、新規就農を目指すことになりました

以上の4点の理由が

私が農業を始めた理由

です

長文・駄文で大変失礼しました

これから農業を始めたいと考えている人、農業に興味がある人の参考になれば幸いです

ここまでお読み頂きありがとうございました!

「農業は誰にでもできる」とか「簡単に稼げる」などというつもりは当然なく、農業自体を舐めている訳では決してありません

ABOUT ME
はんべぇ
大阪から福井へ移住したアラサー。 国税職員→エンジニアを経て、農業経験0から新規就農を目指しています。 夢は「独立し法人を経営すること」 地方へ移住し、農業を始めて体験した事、学んだ事をメインに発信する雑記ブログを運営しています。 地方移住のリアル、非農家が農業を始めた結果などを書き留めていきます。