消費税法

【税理士試験】令和3年受験:消費税法の学習記録(2021年3月)学習7ヶ月目 Part2

こんにちは、はんベぇです
新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました

現在、予備校に通いながら税理士試験(令和3年受験)の「消費税法」の合格を目指しています

今回の内容は、消費税法の学習記録です!

学習を開始して7ヶ月目の、3月の学習内容です

(前回の記事はこちらです)

【税理士試験】令和3年受験:消費税法の学習記録(2021年3月)学習7ヶ月目 Part1 こんにちは、はんベぇです!新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました 現在、予備校に通いながら税...

3月後半も移住をしたり、その準備とバタバタしましたが、学習時間は確保できたと思います

今月でインプットがとりあえず終了しました

長かった。。。

それでは、内容を振り返っていきます

少しでもこれから消費税法を学習される方の参考になれば幸いです

なぜ消費税法を学習しているの?
(こちらの記事からどうぞ!)

【きっかけ】税理士試験の科目合格を目指し「消費税法」の学習に取組む日々 こんにちは、はんベぇ(@hanbe_fukui)です!新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました ...

独学ではなく、予備校?
(こちらの記事からどうぞ!)

【消費税法】大原の税理士講座説明会に行ってきました&税理士試験の概要 こんにちは、はんベぇ(@hanbe_fukui)です!新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました ...

3月の学習(学習7ヶ月目)

3月は、合計で58時間勉強しました

1日あたり1.8時間です

移住の準備と移住後の対応でバタバタしましたが、最低限の勉強時間は確保できました

3月は3回の講義があり、3回の授業全てに出席しました

学習7ヶ月目の3月に学習した内容はこんな感じです!

3月の学習内容

  • 軽減税率
  • 旧税率の経過措置
  • 国等に対する特例

3月は新しく学ぶことは少なかったです

最後のインプット期でした

大変でした。。。笑

いつものように、簡単に振り返ってみようと思います

国等に対する特例

インプットとしては、ようやく最後の内容になりました

最後の内容は「国等に対する特例」です

最後の内容らしく?かなりアウトローな論点になっています

(そう思っているのは私だけでしょうか?笑)

実際、過去にもほとんど出題されていません

計算問題は10年くらい前に1度?出題があっただけだそうです

出題された年は、試験の最中にも関わらず、退出した受験生が結構いたそうです。。。

出題もほとんどありませんし、そこまで余裕がある訳ではありませんが、出題されれば1年間を棒に振ってしまう可能性が高いので、学習をすることにしました

(総合問題も解いておこうと思います。。。)

特例の概要

国等に対する特例」と言われても、どういうこと?と思いますよね

私は「消費税法の内容なの?」と思っていました笑

そもそもなのですが「消費税の納税義務者」は誰なのでしょうか?

株式会社などの「法人」や「個人事業者」が納税事業者になる(なり得る)というのは、これまでの学習でわかって頂けるかと思います

しかし、地方公共団体も事業者となり課税資産の譲渡等を行う限り、納税義務者となります

意外と知られていなかったりします

国や地方公共団体も納税義務者となるのですが、国とかって思いっきり特殊な組織ですよね。。。

そもそも国とか地方公共団体って、利益とかを求めて活動している訳ではありませんし。。。

そのため、国や地方公共団体については色々「特例」が設けられている、ということです

国等の特例は下記の5つの特例があります

  1. 事業単位の特例
  2. 資産の譲渡等の時期の特例
  3. 仕入税額控除の特例
  4. 一般会計の特例
  5. 申告期限の特例

このうち「計算問題」で出題される可能性がある「仕入税額控除の特例」について記載したいと思います

仕入税額控除の特例

上述しましたが「国等」についても納税義務者になることがあります

そのため、国等も

「貰った消費税」ー「支払った消費税」

について計算する必要があります

基本的な計算方法は同じなのですが「仕入税額控除の計算」については、その特殊性ゆえに少し異なっています

条文ではこのように記載されています

仕入税額控除の特例

国若しくは地方公共団体の特別会計を設けて行う事業、法別表第三に掲げる法人又は人格のない社団等にあっては、課税標準額に対する消費税額から控除することができる課税仕入れ等の税額については、通常の方法で計算した課税仕入れ等の税額から特定収入に係る課税仕入れ等の税額を控除する(消法60④⑤)。

  • 国・地方公共団体の特別会計
  • 法別表第三に掲げる法人
  • 人格のない社団等

については、いつもどおり計算した課税仕入れ等の税額から「特定収入に係る課税仕入れ等の税額」を控除します

結果的に納付税額が「増える」ことになります

なお、上記の国等などが、

  1. 課税事業者(免税事業者でない)
  2. 簡易課税制度の適用を受けない
  3. その課税期間における「特定収入割合が5%超

の場合は「仕入税額控除の特例」の適用があります

国等についてこのような特例が設けられているのは、補助金や寄付金といった「対価性のない収入」を財源としているからです

補助金などの対価性のない収入(消費税が含まれていない収入です)を元に行なった課税仕入れについて、仕入税額控除が可能となると「仕入税額控除が大きくなってしまう」ため、このような制限があります

お金はタダで貰えて、仕入税額控除は全額オッケーとなると、一般企業に対しても不平等ですよね。。。

参考:法別表第三に掲げる法人

  • 学校法人
  • 社会福祉法人
  • 一般財団法人
  • 一般社団法人
  • 公益財団法人
  • 公益社団法人
  • 医療法人(一定のものに限る)
  • 宗教法人

など

参考:人格のない社団等

  • PTA
  • 町内会
  • 同好クラブ

など

特定収入

特定収入は、譲渡・貸付け・役務の提供がない収入(補助金など)のことで、その収入で「課税仕入れ等を行う可能性がある」ものをいいます

これまでは、いわゆる「不課税収入」として、課税売上割合や税額の計算には使用してきませんでしたが、ここでは計算に使用することになります

(拾い忘れないように注意しないと。。。)

例えば以下の収入です

  • 補助金
  • 交付金
  • 寄附金
  • 受取配当金
  • 保険金
  • 損害賠償金

ただし、その収入の用途が、

  • 土地の購入
  • 税金の支払い

などの「課税仕入れ等を行わないもの(可能性がないもの)」は特定収入に該当しません

あくまで、補助金などの収入を「仕入税額控除が増えるような支払い」に使った時に調整を行います

特定収入割合

仕入税額控除の特例(制限)の適用要件に、

その課税期間における「特定収入割合が5%超

という要件があります

特定収入割合は、次の算式で表した割合をいいます

特定収入割合

特定収入の合計額/資産の譲渡等の税抜対価の額の合計額+特定収入の合計額

この割合が5%超の場合は特例の適用を受けることになります

計算問題の場合は、まずはこの判定から行います

似たような算式として「調整割合」という算式があります

こちらは実際の計算を行う際に使用する割合です

調整割合

調整割合は、次の算式で表した割合をいいます

調整割合

使途不特定の特定収入の合計額/資産の譲渡等の税抜対価の額の合計額+使途不特定の特定収入の合計額

計算方法

最後に、仕入税額控除の計算方法(全額控除)について簡単に記載したいと思います

前提条件は下記のとおりです

  • 使途特定の特定収入  1,000,000
  • 使途不特定の特定収入 2,000,000
  • 調整割合 25%
  • 課税仕入れ等(税込) 3,200,000

(単位は円で、特定収入は5%超とします)

【控除対象仕入税額】

  • ・・・
  • ・・・
  • 課税仕入れ等 3,200,000×7.8/110=226,909
  • 調整前 226,909
  • 制限税額
    • 1,000,000×7.8/110=70,909(使途特定分)
    • (226,909-70,909)×25%=39,000(使途不特定分)
    • 70,909+39,000=109,909
  • 仕入れに係る消費税額
    • 226,909-109,909=117,000

となります

特例の適用があると、仕入れに係る消費税額が減っている(制限がある)ことがわかるかと思います

簡単にですが、以上が国等に対する特例についてでした

試験で出題される可能性はかなり低いとは思いますが、練習問題と総合問題は1通りやっておこうと思います

昨年の9月から学習を開始して、今回の学習(今年の3月)でようやくインプットが終了しました

まだまだ理解が浅い論点が多く、計算スピードや理論暗記の精度など、課題が山積みですのでこれからもしっかり頑張りたいと思います。。。!

税理士試験自体も初めてなので、探り探り頑張っていきたいと思います

ここまでお読み頂きありがとうございました

それでは!

ABOUT ME
はんべぇ
大阪から福井へ移住したアラサー。 国税職員→エンジニアを経て、農業経験0から新規就農を目指しています。 夢は「独立し法人を経営すること」 地方へ移住し、農業を始めて体験した事、学んだ事をメインに発信する雑記ブログを運営しています。 地方移住のリアル、非農家が農業を始めた結果などを書き留めていきます。