国税専門官

【脱公務員】私が仕事を辞めた時に言われたこと【人の本性と本音】

こんにちは!
はんベぇ(@hanbe_fukui)です


新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました

今回の内容は、

私が職場(公務員)を辞めた時に言われたこと

についての記事になります

今は移住して新規就農を目指していますが、私は(かつて)国税専門官でした

大学を卒業後、約5年と4ヵ月勤務しました

結果的に自己都合で退職してしまったのですが「私が職場(公務員)を辞めた時に言われたこと」について記載したいと思います

(その前に簡単に経歴を。。。)

簡単な経歴
  • アラサー
  • 元国税専門官
  • 税務署勤務4年
  • 財務省出向1年
  • 元エンジニア

公務員を辞めた理由については、こちらの記事に記載しております

【元国家公務員】アラサーの私が公務員を辞めた理由【辞める前に】 こんにちは、はんベぇです!新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました 今回の内容は、 「私...

その前に。。。

※すでに退職しましたし、これからネガティブな記載もするかもしれません

しかし、辞めた組織について「恨みや文句を言いたい訳ではなく、むしろ感謝している」と言う事を合わせてお伝えしておこうと思います

比較的短期で辞めてしまっているので、もしかしたら誤解されている方もおられるかな?と思い記載させて頂きました

(公務員を辞めた人は、公務員の悪口を言う人が多いですからね笑)

「国税専門官になって良かった事」についても記事にしているので、興味がある方はこちらもお読み頂ければ嬉しいです

【元国税】国税専門官になって良かったと思う事【メリット5選】 こんにちは、はんベぇ(@hanbe_fukui)です!新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました ...

前置きが長くなりましたが、本題に参ります!

辞めると言った時のリアクション(まとめ)

実際に言われた内容を記載する前に、簡単に相手側のリアクションをまとめてみました

私が職場を辞めることに対して、

  • ポジティブな意見(2割)
  • 無関心(賛成2割・反対0割)
  • ネガティブな意見(6割)

といった感じでした

これはあまり記載している人も少ないかな?と思うのですが、無関心な人も結構いると思っています

私の場合は、職場にいる人で相談をしたのは実質1人だけでした

残りの人は全て退職の相談ではなく、退職の報告だったのですが、この報告をしたのも、

  • 以前お世話になった人
  • 同期
  • 一部の後輩

といった、ある程度私にとって大切だった人だけです

そのため、おそらく一般的に言われているよりもネガティブな意見が少なく、無関心な人の割合も少なかったと思います

(無関心な人って、何となくわかってしまうのが悲しいです。。。笑)

ネガティブな意見を言ってくる人も多かったですが、私の人生?を真剣に考えてくれているんだなと感じることもあったので、意見は合いませんでしたが、とても嬉しかったのを覚えています

それでは、実際に退職時に言われたことを記載したいと思います!

「もったいない」

まずはこれです

もったいない

退職時言われるランキングの筆頭だと思います笑

公務員を辞めた人、退職を告げたことがある人は、必ず言われたことがあると思います

公務員だからという訳ではなく、退職をした事がある人は言われた事があるかもしれません

「もったいない」と言われて、どう思いますか?笑

私の場合は、

今後この職場にいる時間の方がもったいない

と思っていました

(皆さんはどう思われたのでしょうか。。。?)

この「もったいない」という言葉には、色々な意味があると思います

あくまで私の想像ですが、おそらくその言葉の意味するところは、

「(こんないいところを辞めるなんて)もったいない」

という事だと思います

これって、完全に主観ですよね笑

その人は良い職場だと思っていると思うのですが、私にとってはそう思えないというのは、全く珍しいものではありません

何よりタチが悪いのは、これを言ってくる人は、

この職場でしか生きていけない

ような人が多かったと思います

「もったいない」と言われる度に「一生懸命この組織にしがみついているんですね。。。」と思っていたのを覚えています

公務員は安定とか言われますが、その安定は我慢があってこその安定だと思います

この組織にいることが大事かそうでないかは、その人の価値観です

そこを議論しても仕方ないですし「もったいない」と言われても、こちらもリアクションに困ります笑

よく言われる言葉ですが、案の定私も言われる事が多かったので、こちらを記載させて頂きました

「辞めてどうするの?」

続いてはこちら

辞めてどうするの?」です

これ、

「聞いてどうするの?」っていつも思っていました笑

心配をしてくれているのか、私の次の人生に興味を持ってくれているのかは不明ですが、そんなことを聞いてどうするのかな?と思っていました

聞いてくる人も辞めたくて、参考に聞いているのかな?と思ったりしました笑

単純に次の人生に興味があるような聞き方をしてくる人も、もちろんいました

しかし、ほとんどは、

この職場を辞めてどうやって生きていくの?

というようなニュアンスだったと多います

それこそ、あなたに関係ないでしょ。。。と思っていました

この世の中には、公務員以外の仕事もたくさんあります

この世には公務員の仕事しかないと思っていたり、公務員以外の仕事をできないと思っている人は、そういう風に考えるのでしょう

おそらく「自分が辞めることを考えた時に、どうやって生きていくかイメージできない人」は、そういう風に考えるのだと思います

厳しい言葉ですが「自分が無能だと自白」しているのと同じだと思っていました

価値観が違いすぎて、反論する気にもならなかったのですが、結構言われる事が多かったです

(単純に「次の人生が楽しそうだな!」というニュアンスで言ってくる人もいました!)

「応援してる!」

続いてはこちらです

応援してる!」

これは、2つ意味があります

  • 本当の意味で応援してくれる人
  • ほとんど無関心の人

本当の意味で応援してくれている人は、結構多かった気がします

ほとんどいないかもと思っていたので、2割くらいいただけでも嬉しかったです

一方で、ほとんど無関心な人の「応援している」は、何というか虚しかったです。。。笑

まあこればかりは仕方ありません

同じ組織にいて仲良く仕事をしていたとしても、所詮は他人の人生なので、一応は応援しているよという立ち位置だったのかなと思います

(本心はどう思っていたかは知りませんが笑)

「組織の損失だ」

続いてはこちらです

はんべぇ君が辞めることは、組織にとって大きい損失だ

これは、財務省に出向しているときの元上司に言われた言葉です

この人は昔の直属の上司で、

  • 灘高卒
  • 東大法卒
  • 財務省キャリア官僚

といったスーパーエリートでした
(人格者でもありました)

そんな人から「組織にとって損失だ」と言ってもらえて、めちゃめちゃ嬉しかったです笑

1年しか一緒に仕事をしていないので、おそらく、税務署時代の勤務成績なども踏まえて言ってくれていたのだと思います

これは嬉しかった。。。

辞めると言った時にはネガティブな意見が中心でしたが、この言葉は視線が違うというか考え方が他の人と違っていたので、とても印象に残りました
暗に仕事ができると言ってくれているので、嬉しかったのです。。。

「辞められる勇気が羨ましい」

最後はこちらです

辞められる勇気が羨ましい」です

正直、これを言われた時は複雑な気持ちになりました

この言葉を言った人は、どういう気持ちでこの言葉を言ったかわかりますでしょうか?

私の推測ですが、公務員にとって、公務員という仕事(立場)を辞めるのは、とても勇気がいる事なのです

日々仕事をしていると、この組織のヤバさ・仕事の虚しさに気づく人が多くいます

もちろんそれを口に出す人もいますし、気づいているけど気づいていないフリをした人も結構多くいると思います

普段はこういった事を言わない人でも、私が退職すると伝えた時には、

  • 「そうだよなぁ。。。」
  • 「組織がやばいのは、自分もそう思うよ。。。」

というような事を言っていました

みんな普通に気づいているのです

ただ、言葉に出さないだけ

言葉に出したところで何か変わるわけでもなく、ただそう言っている自分が虚しくなってしまうだけだということに気づいているのではないかな?と思います

職場に対する文句、不満はもちろんありますし、全員が毎日イキイキと仕事ができている訳ではありません

それだったら辞めればいい

と言われるかもしれませんが、そう簡単には辞めれません

たとえ職場に不満があり、見切りを付けていても、辞めれないのです

  • 家族がいる
  • 安定した収入が必要
  • 親戚などの反対

こういった理由があって、簡単に辞めることができないのです

(辞めれないことを批判するつもりは一切ありません)

「自分は職場に不満などがあったとしても、このような理由があって辞めれない」

だから辞められる勇気が羨ましい」と言われたのだと思います

この言葉を言った彼は、こうも言いました

腹を括って、この職場で頑張ろうと決めた

私が辞めると言ったら、色々理由を聞かれました

その際に、

「辞めても辞めなくてもいいから、1度真剣に自分の人生を考えて」

と言いました

彼は結局辞めることはしませんでしたが、腹を括ってこの世界でやっていくことを決心したそうです

これはこれで、素晴らしいことだと思います

一番カッコ悪いのは、ずっと職場の文句を言ってるくせに、辞めれない人です

不満があったとしても、そう思わないようにして腹を括って頑張って仕事をしている人を、私は本当に尊敬しています

「辞められる勇気が羨ましい」と言われ、彼の気持ちを考えると、とても複雑になりました

しかし「この世界で頑張ると決心した」と聞いて、とても安心というか嬉しくなりました

長くなりましたが、以上が「私が退職時に言われたこと」でした

退職すると言った時に、その人の本性というか本音が出てくるのが面白かったですね笑

ここまでお読み頂きありがとうございました

それでは!

ABOUT ME
はんべぇ
大阪から福井へ移住したアラサー。 国税職員→エンジニアを経て、農業経験0から新規就農を目指しています。 夢は「独立し法人を経営すること」 地方へ移住し、農業を始めて体験した事、学んだ事をメインに発信する雑記ブログを運営しています。 地方移住のリアル、非農家が農業を始めた結果などを書き留めていきます。