国税専門官

【公務員から民間企業】元公務員は転職に不利なの!?実体験とやって良かった事

こんにちは、はんベぇ(@hanbe_fukui)です!
新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました

今回の内容は、

公務員から民間企業への転職で、元公務員の肩書きは不利なのか

についての記事になります

私は(かつて)公務員でした

※より正確にいうと、国家公務員の国税専門官でした

大学を卒業後、約5年と4ヵ月勤務しました

結果的に自己都合で退職してしまったのですが、その後「転職活動」を行いエンジニアへ転職しました

今回は、転職活動中に「元公務員であることについて感じたこと」を実体験を基に記載したいと思います

少しでも「公務員から転職を考えている人」「転職活動に不安がある人」の参考になれば幸いです

なぜ公務員を辞めたの?
(こちらも合わせて読んで頂ければ嬉しいです!)

【元国家公務員】アラサーの私が公務員を辞めた理由【辞める前に】 こんにちは、はんベぇです!新規就農を目指し、大阪から先祖が住んでいた福井県に地方移住しました 今回の内容は、 「私...

それでは参ります!

結論:不利と感じることは少なかった

まずは結論からです

私の経験上、

不利と感じることは少なかった

です

私以外にも転職をした同期が何人かいましたが、極端に不利と感じた同期はいなかったと思います

(有利と感じることも時々ありました!)

「不利と感じることは少なかった」というのを言い換えると、要は、

全然公務員から民間企業へ転職できる

ということです

「元公務員」だからと言って「全員が転職を成功させる事ができる」と言いたい訳ではありません

なぜか、

「元公務員は転職できない」

「元公務員は転職が厳しい」

などと言われる事が多く、私も退職時に職場の人に同じようなことを言われた経験があります

  1. なぜこのような風潮があるのか
  2. 元公務員の転職時における「デメリット」
  3. 元公務員の転職時における「メリット」は何かないの?
  4. 転職の際にやって良かったと思った事

この辺りについて触れたいと思います
(お時間がある方は引続きお読み頂ければ嬉しいです!)

元公務員のイメージ

「公務員は楽な仕事しかしていない」

「スピード感を持ってバリバリ仕事をしているイメージがない」

「利益を追求する仕事をしていない」

などなど

公務員に対してこのようなイメージを持っている人は少なくありません

公務員といっても色々な職種があるのですが。。。

転職活動をしていて、実際にそれとなく言われたこともありましたし、そういうイメージを持たれているような気がしたこともありました

こういった事を思われるので「公務員からの転職は厳しい」という風潮があるのだと思います

私も、

「やっぱり、元公務員はそういうイメージなのかな。。。」

と思ったこともありました

しかし、それだけが理由で面接に落とされた事はなかったと思います

あくまで、

「あなたもこういう公務員なの?」

と確認したいような感じでした

ですので、

「自分の仕事内容を理解してもらう」

「スピード感を持って仕事していた」

「数字に気をつけて(求めて)仕事していた」

というような回答が出来れば全く問題ないと思います

(「私の仕事は、公務員の仕事のイメージ通り楽でした」などと言ってはいけません笑)

一定数、公務員に対してそのようなある種ネガティブなイメージを持っている人がいるので、

そのようなイメージを払拭する回答」を行なっていく必要があると思います

このような一部の人たちには、元公務員というだけで「転職が不利になる」という状態になるのは、ある意味では仕方のない事だと思います

したがって、転職時には、そのような状況を覆していく事が求められると思います

元公務員の転職時における「デメリット」

デメリットという意味では、結構感じる事が多かったです

先ほど記載した内容と重なる点もあるのですが、

  1. 「元公務員」というだけで一括りに「公務員」のイメージが持たれやすい
  2. 楽な仕事・数字を求められない仕事をしていたと思われる
  3. 頭が固いなど、マイナスのイメージを持たれている
  4. 「何でこんな人がウチに!?」と逆に敬遠される

残念ながら、基本的には「良いイメージを持たれていません

「経歴・学歴が特にすごい人」「希少な資格を保有している人」などは例外です

ですが、相手がまともな人で、きちんと回答をする事が出来れば「不利」になる事は回避されます

そういう意味でも、

不利と感じる事は少なかった

という私なりの結論に繋がります

(ちゃんと面接対策などをやりましょう!)

元公務員の転職時における「メリット」は?

今まで散々デメリット・不利な点を記載しましたが、

元公務員のメリットは何かないの?

と聞かれそうなので、お答えしたいと思います笑

まず、少なからずメリットはあると思います

具体的には、

  1. 「まともな人」と認識される可能性が高い
  2. 公務員試験をパスしているので、ある程度の学力がある
  3. 役所の事を知っていると有利な面がある(一部)

というのが挙げられると思います

特に上の2点はかなりの確率でそう思われると思います

また、合格するのが難しい公務員試験であればあるほど、プラスに働く可能性が高いと思います

メリットも時々感じる事があったので、このアドバンテージは面接などの際には生かしたいところです

転職の際にやって良かったと思うこと

私は転職のプロではありませんが、

公務員から民間企業へ転職する」際にやって良かったと思う事

について自分なりに記載したいと思います

大きく下記の3点です

  1. (一部の人に対しては)元公務員のイメージを払拭できるようにする
  2. 転職先(業界)についての熱意をきちんと表現できる
  3. 自己分析をしっかり行う

それぞれ順に記載していきます

元公務員のイメージを払拭できるようにする

これまで記載してきた通りなのですが、

「元公務員」について良いイメージを持っていない人・疑問を持っている人は一定数います

面接官がそのような人であった場合は、

スピード感を持って仕事していた

数字に気をつけて(求めて)仕事していた

というイメージを与える回答を行う事で、可能な限り良くないイメージを払拭しましょう

同じ仕事をしていても「伝え方」でイメージは変わると思います

面接が始まる前から「不利」な状況ですが、公務員時代の仕事内容や仕事ぶりは、

十中八九聞かれる質問

ですので、しっかり事前に準備・対策しておくのが良かったと思います

転職先(業界)についての熱意をきちんと表現できる

よく聞かれる質問として、

何で公務員を辞めて、ウチに来ようと思ったの?

何で公務員を辞めたの?

このような質問があります

(「絶対聞かれる」と思って頂いてもいいと思います笑)

これらは絶対に聞かれますし、この回答内容がブレてしまうと、

「一貫性がない」人間という印象を与えてしまいます。。。

「公務員を辞めて理由」については、しっかり自己分析を行えば良い(後述します)のですが、

問題は「転職先(業界)に対しての熱意の伝え方です」

会社のHPを見たり、志望度を熱く話すのも勿論有効なのですが、

結果と行動が伴っているもの」の方が相手に対してより説得力があります

エンジニアへの転職を考えていた私の場合ですと、

  • プログラミングスクールに通う
  • プログラミングスクールでやらない内容の製作物を作成する
  • 資格を取得する

といった内容を伝えていました

(単純に「プログラミングスクールに通う」という事は有効だったかは微妙ですが。。。)

ちなみに通っていたのはこちらのスクールです

プログラミングスクールに通っていた「だけ」では説得力がなかったかもしれません

しかし「勉強グセ」が身についたのも事実なので、賛否両論ありますが、私は通って良かったと思っています

カウンセリング自体は無料ですので、興味がある方は受けてみるのも良いと思います

あとは資格を取得するというのも有効でした
(転職業界に資格が無い場合はすいません。。。)

私も2つ(AWSの資格です)取得したのですが、とても評価が良かったです

「普段から勉強してるんだねー」

「これからも勉強してくれそう」

といった有難い言葉を何度か頂いたこともあります

自己分析をしっかり行う

これは「元公務員」に限った話ではありませんが、一番大事だと思います

「公務員を辞めた理由に筋が通っているか」

「辞めた理由→転職を希望する理由」に矛盾が無いか

などなど

特に、

公務員を何で辞めたの!?

という質問に対しては、必ず対策をしておくことをオススメしたいです

パワハラ・セクハラ・病気・親族の事情などのケースを除いては、しっかり自分の理屈が通っているかを確認してください

また、その内容を誰かに聞いてもらうのが良いと思います

自分が辞めた理由に自分で納得するのは当たり前です

相手に理解してもらえないと意味がありません

この理由をしっかり回答できないと、面接自体が非常に厳しくなるので、しっかり対策をしましょう

私も転職活動の初めの頃は、しっかり伝えきれていませんでした。。。

  • 公務員を辞めた理由
  • 今後やりたいこと
  • 転職先の志望理由と自分の軸が矛盾しないこと

この辺りを中心に「自己分析」を行うのはとても重要だと思います

前もってしっかりと確認されることをオススメします!

まとめ

結論でも述べましたが、

元公務員から民間企業への転職は「不利と感じる事は少なかった」です

一方で、初めから「悪い印象を持たれているな」という事もありました

あくまで、

「不利なケース」はあるが、きちんと対策などを行う事で不利となるケースを防ぐことができる

ということです

その上で、

  1. 「まともな人」と認識される可能性が高い
  2. 公務員試験をパスしているので、ある程度の学力がある

といったメリットもありますので、これらも生かしたい所です

あとは、転職先への熱意・自己分析をしっかり行い、

・その人物に軸があるか

・転職への熱意は本物か

このあたりについて相手に納得してもらい、良いイメージを持ってもらうことが大事だと思います

元公務員から民間企業への転職は、とても勇気がいる事だと思います

私自身も「自分に需要なんかあるんかな?」「元公務員って転職できるのかな。。。?」と思った事もあります

「元公務員」についてネガティブな印象を持っている人が多いのも事実ですが、決して「転職できない」という事ではありませんので、対策・努力を頑張って欲しいと思います

ここまでお読み頂きありがとうございました

上から目線で大変失礼しました

それでは!

ABOUT ME
はんべぇ
大阪から福井へ移住したアラサー。 国税職員→エンジニアを経て、農業経験0から新規就農を目指しています。 夢は「独立し法人を経営すること」 地方へ移住し、農業を始めて体験した事、学んだ事をメインに発信する雑記ブログを運営しています。 地方移住のリアル、非農家が農業を始めた結果などを書き留めていきます。