農業

【農業学校】ふくい園芸カレッジでの研修39日目【さつまいも活着!?】

こんにちは!
はんベぇ(@hanbe_fukui)です


新規就農を目指し、大阪からかつて先祖が住んでいた福井県に地方移住しました

今回の内容は、

ふくい園芸カレッジ入校39日目」についてです!

この日は「研修報告書の作成」を中心に行いました

もう5月も終わってしまった。。。

時が経つのは早い。。。

それでは内容を記載したいと思います!

「こんな人もいるんやな」という温かい目で見ていただければ幸いです

簡単な経歴も記載しておきます↓

簡単な経歴
  • 大阪生まれ大阪育ち
  • アラサーの独身
  • 元公務員
  • 元エンジニア
  • 福井県へ地方移住

研修39日目

研修39日目も、1日中天気が良かったです

最近天候が安定しています

今後も、これくらいの天気が続いて欲しい。。。

研修39日目のこの日は、

  • さつまいもの観察
  • 研修報告書の作成

を行いました

それぞれ順番に記載したいと思います

さつまいも活着!?

この日の朝、カレッジの職員さんから、

さつまいも無事に活着できてるね

と言われました

!!??

かっちゃく。。。??

「活着」

さし木・移植などした植物が、根づいて生長し続けること

なるほど!

とりあえず良いことっぽい!笑

早速、露地にさつまいもを見に行きました

おおおおおおお

「ピン」ってなってる!!

定植した時は、

こんな感じで「ぐだぁ」っとしていたのに。。。

当時は弱そうだったので、変化が凄い!笑

同期にも心配されていました笑

どうやら、定植した日の夕方から夜にかけて、雨が降ったのが良かったらしいです

(定植は晴れている時間に行いました)

何はともあれ順調で良かったです

今後は、

  • 排水(雨などが溜まらないように)
  • 畝間の除草

をしっかり行なっていきたいと思います

(収穫は10月を予定しています)

取り急ぎは「畝間の除草」をしっかりやっていこうと思います!

研修報告書の作成

先月も行いましたが、今月も月一の研修報告会があるので、そのための資料を作成しました

途中までは作っていたので、この日は追記・修正を行いました

今月(5月)も色々やったなーと思いながら、研修内容や研修時間を記載していきます

資料を作りながら思ったのですが、今回の研修報告会では、話すことがない。。。笑

1人あたり3〜5分話す必要があるので、ネタを考えることに

品目別損益計算書

丁度「品目別損益計算書」を作ろうと思っていたので、その資料を作って添付することにしました

農業簿記も勉強しているので、折角なので。。。

将来的に作るつもりでしたので、丁度良かったです

といっても、始めて作成するので、フォーマットは農業簿記の教科書にあるモノを少しイジって作ることにしました

品目ごとに

  • 売上
  • 種苗費
  • 肥料費
  • 農薬費
  • 賃金手当
  • ・・・etc

を記載し、計算していきます

収穫が近い「コマツナ」について主に作成したのですが、一番重要?だと思ったのは「賃金手」です

カレッジの職員さんも「労働時間の管理・確保」が大事と言われていたのですが、本当にその通りだと思いました

というのも、きちんと労働時間が管理・確保されていないと、

  • 原価(賃金手当)がわからない
  • どれくらいの規模まで栽培できるかわからない

こういう問題が生じてしまうと感じました

栽培しているコマツナは1人でやれるだけの量を栽培したので、今回は2つ目については問題にはなりませんでした

問題は、

原価(賃金手当)がわからない

ということです

この問題をクリアするためにやってきた訳ではないのですが、

  1. Agrion(アグリオン)というアプリで管理
  2. 手書きの表で作業内容を管理

ということをやってきました

いずれ役に立つかな・・・と思ってやっていたのですが、ここにきて威力を発揮しました笑

賃金手当については、

  • 作業ごとに労働時間を集計(灌水、播種など)
  • 集計した時間に例として830円を乗じる(福井県の最低賃金です笑)

こうして金額を求めることにしました

そして見込み(教科書)の数字から売上を推測し、これまで掛かった経費と今後必要な経費を合計して計算した結果、所得率が約33%となりました

カレッジの職員さんが「3割ぐらいが利益」と言っておられたので、たまたまですが近い数字になりました

そしてこの作業をやっていて思ったのですが、教科書より労働時間が多くなっていることに気づきました

細かい原因はいっぱいあるのですが、「水をやりすぎた」ということが大きい原因でした

労働時間(作業時間)が増えると、賃金手当も増えるので所得率は余計に悪くなってしまいます

このように(面倒臭いですが)データを取ることで、いわゆるPDCAを回すことができるので、次回以降の作業が改善できます

とても小さい規模ですし、今後コマツナを栽培するかは微妙ですが、これくらいの規模をしっかり把握・計算できていないと経営規模を大きくした時にとても管理が及ばなくなります

予行演習として、労働時間の管理などをやっていたのですが、とても良い経験ができたと思います

指導してくれた職員さんに感謝です

ただ、はっきり数字にすると見たくない数字も見えてしまいました笑

しっかり元気を出して、これからも頑張っていきたいと思います

今回はここまでにしたいと思います

それでは!

(きちんと収穫・出荷が終わり次第、品目別損益計算書を公開しようと思います!)

ABOUT ME
はんべぇ
大阪から福井へ移住したアラサー。 国税職員→エンジニアを経て、農業経験0から新規就農を目指しています。 夢は「独立し法人を経営すること」 地方へ移住し、農業を始めて体験した事、学んだ事をメインに発信する雑記ブログを運営しています。 地方移住のリアル、非農家が農業を始めた結果などを書き留めていきます。